開店祝いの花安い通販NET 名札無料!豪華スタンド花の購入は






 

【1段花 1万500円~】開店祝い・開業祝いのスタンド花

 
開店祝いの花安い通販NET 名札無料!豪華スタンド花の購入は
開店祝いの花安い通販NET 名札無料!豪華スタンド花の購入は 
 
 
 
 
 

【2段花 1万5000円~】開店祝い・開業祝いのスタンド花

 
開店祝いの花安い通販NET 名札無料!豪華スタンド花の購入は 
 
 
 
 
 

【豪華 2段花 2万5000円~】開店祝い・開業祝いのスタンド花

 
開店祝いの花安い通販NET 名札無料!豪華スタンド花の購入は 
 
 
 
 
 

首都圏・大阪なら即日配達も可能!


 
開店・開業祝いに贈るスタンド花。 
 
 
 
スタンド花の相場は、&nbsp
 
◆友人・知人 1万円~3万円 
◆取引先   2万円~5万円 
◆身内    2万円~5万円 
 
が相場とされています。 
 
 
首都圏・大阪なら即日配達も可能!
 
 
 
ただし、東京都内でスタンド花の 
 
おおよその相場は2万円程度。 
 
 
 
開店・開業祝いのスタンド花の購入を 
 
予算内でおさえたい場合には、 
 
当サイトでも人気の 
 
プレミアムガーデンがおすすめです。 
 
 
 
 
 
プレミアムガーデンなら、 
 
豪華なスタンド花が10500円から。 
 
 
 
しかも、東京都内や 
 
横浜市、埼玉・千葉等の首都圏、 
 
大阪府内は、当日の配達が可能です。 
 
(※その他の地域も翌日配送が可能!) 
 
 
 
もちろん、ラッピングや 
 
木札、紙札などのメッセージ板も 
 
全部含まれた価格です。 
 
 
開店祝いの花安い通販NET 名札無料!豪華スタンド花の購入は
 
 
 

開店・開業祝いの花 贈る前に知っておきたいマナー

飲食店やショップの開店祝いには贈り方のマナーがあります。事前に確認しておきましょう。

病院やオフィスの開業祝いもマナーがあります。どんな花を選べばいいのか紹介します。

開店・開業祝いには、赤い花はNGとなる事も。贈ってはいけないものを確認しましょう。


 
 
 

開業祝い・開店祝いの花の選び方・マナーを徹底解説


「古くからの友人が今度新しく飲食店をオープンさせた」 
「取引先の会社が新たに子会社を設立して新規事業をスタートさせた」 
 
などなど、社会人として生活をしていると、開業祝いという形で花を送る機会が訪れることがあります。 
開業祝い・開店祝いの花の選ひ?方・マナーを徹底解説
 
そうしたときに、前に開業祝いの花を送ったことが経験があるという方は問題ありませんが、開業祝いの花を贈るのは初めてという方にとっては、どんな花がいいのか、またどのくらいの金額のものがよいのか、というのは非常に悩ましい問題です。 
 
そこで今回は、開業祝いの花の価格はどのくらいの相場で、またどのような花が開業祝いとして喜ばれるのかについて、詳しく解説させていただきます。 
 
特に、いままで人に花を贈ったことがない、開業祝いの花を贈る機会がなかったという男性にとっては、花の種類にはどのようなものがあるのか、といったこともわからないかと思います。そのため、どんな花が開業祝いの花として適切なのかを判断することは、非常に難しい問題となってしまうはずです。 
 
開業祝いの花を贈らなければならないというシーンに直面している方は、ぜひこちらを参考に、喜ばれる開業祝いの花を選んでみましょう。 
 

 
 

開業祝いに贈る花の価格の相場


開業祝いに贈る花の価格の相場
開業祝いの花自体の相場としては、10000円から30000円程度が相場とされています。 
ただし、開業祝いに贈る花の相場は、贈る相手の立場によって変わってきます。 
 
贈る相手が身内の場合、20000円~50000円程度、贈る相手が友人や知人という場合は、10000円~30000円程度、贈る相手が仕事上の取引先という場合は、30000円~50000円程度が相場となっています。 
 

 
 

開業祝いの花を贈る際に注意しておきたいポイント

ポイント① 送り先のスペースの広さ


開業祝いの花を贈る際に注意しておきたいのが、花の送り先の場所が、どの程度スペースがあるか、という点です。例えば、比較的狭いバーなどの飲食店の場合、10万円もするような大きな花や観葉植物を贈ってしまうと、スペースをとられすぎてしまい、かえって迷惑になってしまう、というようなことが考えられます。 
 
そのため、開業祝いの花を贈る際には、事前に必ず送り先がどのくらいの広さの部屋なのかを調べておくようにしましょう。もし、心配であれば直接「花を贈りたいんだけれども、これぐらいの大きさのものでも迷惑ではないかな?」と尋ねておくと良いでしょう。 

 
 

ポイント② 贈る花の種類


贈る花の種類も開店祝いの花選びの際には要注意
開業祝いには適さない花もあるため、花屋などに注文をする際には、必ず「開業祝い用の花です」と伝えておくようにしましょう。 
 
送り先が飲食店や洋服を扱うアパレルショップの場合、花粉が飛んでしまう可能性のある花は避けるのがマナーです。どうしてもその種類の花を贈りたい場合は、事前に花粉を取り除いてもらうように頼んでおきましょう。 
 
香りが強い花も、飲食店などには向きません。具体的には、ユリなどの花は香りが強いため、飲食店に贈るのは避けたほうがよいでしょう。また、菊などの仏事や法事に利用される花は、印象が悪いため、避けるのがベターです。 
 
さらに、赤い花も、「赤字」や「火事」といった出来事を連想させるため、縁起が悪いとされています。ただし、花束の中に数本赤い花が入っている程度であれば一切問題はありません。たとえば、赤いバラだけの花束を開業祝いに贈るのは、マナー上NGとなっています。 
 

 
 

ポイント③ 送る時間帯


贈る時間も開店祝いの花選びの際には要注意
開業初日のお店などは、お客様の対応やさまざまな来客でとても忙しくなることが予想されます。 
 
本来、開業祝いの花は、験を担ぐために、開業初日の午前中に届けることが望ましいと言われています。しかし、こうした事情もあるため、事前に先方に確認し、このくらいのサイズの花を午前中に送っても大丈夫か?と聞いておくと、非常にスマートで喜ばれるでしょう。 
 
また、開業時には忙しくて花を受け取れないかもしれない、というようなケースの場合は、開業日よりも前に花を届けることもOKです。マナー上、事前に届けることは一切問題ありません。 
 

 
 

ポイント④ メッセージを添える


開店・開業祝いのメッセージを添える
もちろん、開業祝いの花を贈るだけでも、十分に喜ばれる素晴らしい贈り物ですが、そこに、一言メッセージを添えるだけで、お祝いの花の価値がグッと上がります。 
 
開業を祝い、今後の明るい未来を応援するような気の利いたメッセージを一言添えることで、さらに素晴らしい贈り物になります。 
 

 
 

ポイント⑤ 立て札の会社名・店名・名前は絶対に間違えない


立て札に記載する、会社名・店名・名前は漢字、アルファベットの場合は大文字小文字も含め、絶対に間違えないように確認しましょう。これらの社名や店名、名前を間違える行為は、絶対にNGです。せっかく花を贈ったのに、印象を悪くされてしまっては、元も子もありません。 
 

 
 

開店祝い・開業祝いにおススメの花の種類


続いては、開業祝いにおすすめの花の種類をご紹介していきましょう。 
 

 

胡蝶蘭


開店祝い・開業祝いにおススメ胡蝶蘭
胡蝶蘭はそのたくさんの蝶が羽ばたいているような見た目の華やかさと、「幸福が飛んで来る」という非常に縁起の良い花言葉から、開業祝いの花としては、非常に人気が高いのが特徴です。見たことがある方も多くいらっしゃると思いますが、実際に胡蝶蘭を目の前にすると、その美しさに心を奪われます。 
 
また、胡蝶蘭には、その空間を華やかにする姿をしているため、開業したばかりのお店を綺麗に見せてくれるため、非常に喜ばれます。 
 
胡蝶蘭は適切に管理をすれば、その美しさが2~3ヶ月は持続します。そういった点も、人気の理由と言えます。 
 

 
 

カラー

開店祝い・開業祝いにおススメカラー

まっすぐに伸びた茎と、布や和紙をくるっと巻いたような美しい花びらが特徴の花です。 
 
花自体に高さがあるため、高さを出したいスタンド花やめりはりをつけたいアレンジメント花を贈りたいときに、非常におすすめです。 
 
シンプルながら、美しく力強い佇まいで、開業祝いの花として人気があります。また、シンプルな姿であるがゆえに、他の花と組み合わせて贈ることもおすすめできます。 
 

 
 

鈴蘭


開店祝い・開業祝いにおススメスズラン
鈴蘭は、小さな鈴のような花が、いくつも連なっているかわいらしい姿をしています。そのため、大きな花を贈るという場合ではなく、小さなスペースのお店にちょっとした開業祝いとしてのお花を贈りたい、という場合におすすめです。 
 
花言葉も「幸福があなたに訪れる」「謙虚」と、開業祝いにはぴったりな幸福を呼んでくれる花です。控えめな造形の花であるため、花束にして直接手渡しをすることもできます。 
 

 
 

アルストロメリア


開店祝い・開業祝いにおススメアルストロメリア
一方かわってこちらのアルストロメリアは、明るい色合いと目を引く形の花びらを持つ花です。 
 
派手な見た目で、華やかな印象をつくることができる花のため、アレンジメント花やスタンド花として贈ることもおすすめできます。 
 
花言葉は「未来へのあこがれ」「持続」となっており、お店や事業が未来永劫繁栄していくことを祈念することのできる縁起の良い花でもあります。 
 

 
 

グロリオサ

開店祝い・開業祝いにおススメグロリオサ

グロリオサは、英語で「栄光のユリ」「炎のユリ」と呼ばれる、真っ赤な花びらをもつユリ科の花です。非常に力強い見た目の花で、いわゆる「ユリの花」から抱くイメージとは異なります。 
 
グロリオサの花言葉は、「勇敢」「栄光」「頑強」「燃える情熱」となっており、開業祝いの応援の花としては、とても良いメッセージを持った花です。花びらは、赤やオレンジ、ピンクといった暖色系の色をしているため、黄色や白といった花との相性も良く、花束やアレンジメント花として贈るのもおすすめです。 
 
また、グロリオサは赤い花びらを持つため、人によっては縁起が悪いと思う方もいるため、グロリオサだけで贈るのではなく、他の色の花と組み合わせて贈ると、余計な心配を避けることができます。 
 

 
 

茴香(ウイキョウ)


小さな花がかわいらしく放射状に咲いているのが、この茴香です。フェンネルとも呼ばれ、ヨーロッパでは古くは魔除けやお守りに使われるなど、開業祝いに贈る花としては申し分ないものとなっています 
 
花言葉は「賞賛に値する」となっており、こちらもまた贈る相手を敬い、応援する意味で、素敵なメッセージになります。 
 
また、可愛らしい見た目から、他の花を引き立てるような役回りで使われることも多く、様々な花と組み合わせて使うことで、花全体の美しさを引き出します。 
 

 
 

ガーベラ


ガーベラ
ガーベラは、その特徴的な姿から、さまざまな場所で使われているため、目にした方も多いかと思います。このガーベラという花も、華やかで力強い形から、開業祝いの花として根強い人気があります。 
 
花言葉も「希望」「前進」といった非常に前向きなメッセージが込められており、開業祝いにぴったりの花となっています。 
 
また、花びらの色ごとに花言葉があり、どれも力強くポジティブな意味を持っているため、どの色の花を贈っても喜ばれるでしょう。 
 

 
 

まとめ


いかがだったでしょうか。開業祝いの花を選ぶ際に注意すべきポイントやマナー、どんな種類の花が開業祝いとしておすすめなのかについて、詳しくご紹介させていただきました。開業祝いの花選びでお悩みの方は、是非参考にしてみてください。 
 
開業祝いの花というのは、贈られる側にとっては非常に嬉しいものです。開業のタイミングというのは、非常に喜ばしいものですが、事業やお店を新しく始める側にとっては、非常に不安で心細い思いも同時に抱えているものです。 
 
そのため、こうしたタイミングで、友人や知人、かつての仕事仲間や取引先の人から、花を贈られることは、何よりも心強さを感じられるものになります。もちろん、マナーも大切ですが、一番はあなたの気持ちが伝わることが重要です。 
 
今回ご紹介させていただいたようなお祝いの花を贈る際は、メッセージや手紙を添えたり、あとから一通メールを送るなどして、「あなたを応援しているよ」という気持ちを伝えてあげると、とても喜ばれるはずです。